BRIANZA TOKYO 様

事例画像

BRIANZA TOKYO様にModuleXをご採用いただきました。

4mという高い天井空間を活かし、ディスプレイを際立たせつつも、
空間全体は照度を抑えたメリハリのある落ち着いた光環境にするという
ライティングコンセプトを実現しました。

各所に点在するディスプレイは、当社独自開発の照明設計技法である
視野角内ライティングモデュレーション®︎により、
空間の中の、どこに、どれくらいの光量で照射するかをデザインしました。
壁面のアートやボトル棚は下部から、暖簾ディスプレイは上部から演出し、
空間内の輝度バランスを照射したい対象、
各エリアの雰囲気に合わせ整えました。

ペンダントライトやスタンドライトなど意匠を際立たせるため、
光学制御技術により極限までグレアがコントロールされた、
ModuleX Museum Patform®︎シリーズを使用し、
器具の存在感をなくし、必要な範囲にのみ光を広げ、
程よい抑揚のある光環境で演出しています。

独自の照明環境制御技術であるModuleX Controlsで、
日中は自然光と合わせ室内照度を高めにし、夕暮れ以降は照度を抑え
メリハリのある落ち着いた居心地の良い環境になるようシーンを切り換え、
空間の表情が時間の移ろいとともに変化することで、
光環境が一層豊かなものになるよう計画しました。

事例画像
事例画像

使用器具詳細

Project DATA

物件名 BRIANZA TOKYO
デザイン 有限会社 SWeeT
ライティングデザイン ModuleXソリューション本部 長尾懐里
主要器具 ConsciLed、ModuleX Controls、ModuleX60、ModuleX80
所在地 東京都千代田区大手町2丁目6−4 常盤橋タワー 2階
URL http://la-brianza.com/brianza_tokyo/

プロジェクト名の敬称は省略させていただき表示しています。